脱保湿で肌力を強める① ~肌力について



アトピーの方なら聞いたことがあるかもしれません。


子どもや赤ちゃんの肌は何もしなくても潤っていますし

大人なら男性で全く保湿をしない方もたくさんいらっしゃいます



肌は本来自分で潤う力を持っているのです



それを化粧水や様々な基礎化粧品で水分や油分を外から与え続けると


肌は自分で潤ったり油分を出す力を失っていきます



私は子どものころからアトピーで肌がカサカサだったので

中学生になるころには母親の化粧水を使い

大学生からはファンケルの保湿力の強い基礎化粧を丹念に入れ込み


30代東南アジアの湿度の高い地域でで生活したときも

せっせとアルガンオイルなどを塗りこんでいました


肌がきれいだと言われて喜んでいましたが

本当は中身がスカスカの力を失ったボロボロ肌だったのです


そして東京に帰ってくると、関東の乾燥に対応できず


ほとんどの基礎化粧品が肌に入っていかなくなってしまいました


強い保湿力をもち肌に優しい基礎化粧を探す毎日

(この時点で矛盾してますよね)



そこにアトピーが再発したのです


しかも首から上が一番ひどく最後まで長引きました


もう何を塗っても痒いし痛いし

でも塗らないともっと痛いしボロボロ崩れるし


頭皮も含め首から上から常に白い粉がばらばら落ちて

何をやっても効果なく症状が重くなっていく日々が1年半続きました



そんな時に脱保湿という言葉を知ったのです


保湿をするから肌の力が弱くなるという考えに

目からうろこが落ちました


でもすごく納得がいったのです




なぜなら私は肌の力がなくなる生活を20年近く続けていたからです




そして肌の力を戻せば

少なくともこのボロボロ状態からは抜け出せるのではと思い


脱保湿をやってみようと決心したのです



脱保湿はただ保湿を抜いただけではなく

同時期に出会ったバンキーの浄血作用と漢宝塩のミネラルの力にも助けられ



体の力を全体的に上げることでアトピーも一緒に良くなっていきました



一度にまとまらないので

何度かに分けてお伝えしていきたいと思います



つづく






11回の閲覧0件のコメント
  • Facebook
  • Instagram