肺・肝臓・腎臓・脾臓の負担を減らす

バンキーは、皮下深くから、古くなった血液やガス老廃物を・皮膚表面に引き出すことで血液を浄化します。この機能は体には備わっていないので、カッピングやバンキーなどで外部からアプローチして起こす浄化になります。


体内では、肺臓・肝臓・腎臓・脾臓が血液濾過器として働き、血液を浄化しています。


生活環境や習慣、食生活の乱れによって、これらの器官の機能が低下し浄血作用が下がると、血液は次第に汚れ老廃物や不要物が充満、瘀血となり様々な不調や病気を引き起こす原ことになりかねません。


肺は悲しみや便秘等、肝臓は怒りや食生活の乱れ等、腎臓は恐れや冷え等、脾臓はネガティブ思考や甘いもの等、日常生活のちょっとした癖や季節などでも簡単に弱まります。


弱まるだけならいいですが、それで血液の浄化能力が下がってしまうと次第に全身に影響が及びます。


定期的にバンキーを受けて血液を綺麗に保つことで、これらの器官の負担を減らし、新鮮な血液を巡らせることで内臓の疲れや体調不良を防ぐことにもつながります。


走り続けなくてはいけない人にバンキーを是非受けてもらいたいと思っています。




10回の閲覧

© 2020 greenlotus .Inc

  • Facebook
  • Instagram